【☆7剣士シグ】☆6との違い

更新日:2018年3月3日

2016年6月「オールスターガチャ」で初登場。

2016年に1回再来。

2017年には2回再来。

2017年11月に☆7が実装されました。

今回は剣士シグの感想文を書いていきます。

リーダースキル(☆7)

青属性カードの体力を2.4倍にし、通常攻撃時のみ、青属性カードが連鎖したときの連鎖数に応じた攻撃力増幅効果を5倍にする

☆6は体力が2倍です。

「何連鎖したか」でなく、「何連鎖目に青色ぷよを消したか」でダメージが変わってきます。

単純計算では4連鎖で童話シリーズとほぼおなじダメージ、5連鎖以上でうわまわると考えてよいかと。

安定してダメージを出すなら剣士ラフィーナをリーダーカードにするのではなく、常時攻撃を◯倍にするカードを使ったほうが良いです(例:魔導学校シリーズ童話シリーズなど)

スキル(☆7)

2ターンの間、全カードの通常攻撃を3連続攻撃にする

スキル攻撃は青ぷよ消し40個

☆6は1ターンの間、全カードの通常攻撃を3連続攻撃。

できれば1ターンの連続攻撃数をふやしてほしかったのは、個人的な感想です。

でも2ターンになれば、童話シリーズマジカルウォールシリーズなどと相性が良いですね。

剣士シグ アイコン

データ

バランスタイプ

コスト46

(☆6は34)

コンビネーションは魔導学校・はばたき・ナゾ多き・ボーイズ・剣士

☆5→☆6:黄ぷよアイス☆5、☆6×2、100点テスト×2

☆6→☆7:☆7へんしんボード

体力5,617・攻撃3,299 ・回復1,023

デッキ例

剣士シグ記事・目覚めし力記事

あおいインキュバス・剣士シグ・まぐろウトグレイス・あおいインキュバス

2017年5月作成

古いデッキですがのせておきます。

体力・攻撃力9倍のデッキ。

あおいインキュバス・剣士シグ・まぐろ・ウトでボーイズコンビネーション。

剣士シグのスキルで全員が3回攻撃するので、雪国シリーズを入れるよりもダメージが出ます。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. ウト発動で他のカードスキルをためる
  2. 全員のスキルがたまる
  3. まぐろ発動
  4. あおいインキュバス×2発動
  5. 剣士シグ発動
  6. グレイス発動
  7. 分離同時消しで大ダメージ

まとめ

こんにちは。satoです。

剣士シグは通常のクエストはもちろん、ギルイベでも大活躍するカード。

青属性なのでくろいシグとの相性も良し。

初登場時(2016年6月)から色々なカードが出ているので、剣士シグを入れる枠をどうするか悩む時も(*´ェ`*)

全員が3連続で攻撃するシーンは、一見の価値ありです。

また幻獣プリンセスシリーズのチャージも乗るので、さらに大ダメージがでます。

シグ好きな方は多いので、デッキに入れているだけで楽しいですよね(・∀・)

本家シグ(魔導学校シリーズ)でスキル上げができるので、手に入れたらどんどんスキル上げをしていきましょう。

今日もぷよクエ部に来ていただき、ありがとうございました(*´ェ`*)

4 Comments

セリス総督

フェーンがあると逆転全盾デッキのリーダーになれますね。
☆7の2ターン3連続化とフェーンの2ターン盾弱化がガッチリ噛み合う、逆転入ってもリーダースキルの効果が変わらないのが相性が良い

返信する
あさひん

剣士シグの能力は幻獣にも適応されるので、攻撃三回が単純に三倍になるのでなかなか凄まじい火力になりますよ(*^ー^)ノ♪

返信する
sato sato

コメントありがとうございます。
確かにチャージにも乗りますよね!
ブログに追記させて頂きました(*^^*)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。