【 ☆7妖怪シリーズ】☆6との違い | ぷよクエ部

【 ☆7妖怪シリーズ】☆6との違い

妖怪シリーズ・アイキャッチ (1)

更新日:2018年8月2日

2016年6月「おさかなラッシュ」のN特攻カードとして初登場。

ネクストぷよを自色に変換するスキルをもつ、3番目のシリーズです。

2018年8月24日(金)に☆7が実装される予定。

今回は妖怪シリーズの感想文を書いていきます。

リーダスキル(☆7)

味方全体の同属性の攻撃力が3倍、 体力が2倍になる

☆6は「攻撃力が2倍」だけでした。

けっこう進化しますね!

公式サイトを見直してしまいました。

これだけあれば、リーダーカードとしてしっかり使えるかと。

スキル(☆7)

フィールド上のぷよをすべてリセットし、 その後3ターンの間、ネクストぷよをすべて自色ぷよに変える

スキル発動は自色ぷよ消し35個

☆6は同じスキルで、発動数が5個多く40個です。

リセットはおじゃまぷよも消してくれます。

消してくれるというか、フィールドが全部無くなって新しいものに変わります。

☆7にするときに、スキルレベルも上がって欲しいです(泣)

スキルレベルMAXで発動数30個になるのは、かなりうれしい進化( ´ ▽ ` )

データ(☆7)

コスト40(☆6は28)

攻撃タイプ

へんしん素材
☆4→☆5ぷよゼリー☆3・☆4×2・☆5×2
☆5→☆6ぷよゼリー☆4・☆5×2・☆6×2
☆6→☆7☆7へんしんボード

 

コンビネーション
ボダマルおばけ・ヒゲ
セイランおばけ・ヘビー級・ヒゲ・キノコ
カワタロウおばけ・スイマー
マタキチおばけ・どうぶつ・にくきゅう
クラスケおばけ・はばたき

※☆6と同じ場合

端末によっては右にスクロールできます。

 

ステータス(☆7)
体力攻撃回復
ボダマル
セイラン
カワタロウ
マタキチ4,2783,099 259
クラスケ

デッキ例

召喚士・熱砂・剣士クルーク・サキュバス・コモネ・妖怪

アルガーサキュバスコモネ・クラスケ・剣士クルークギューラ

2018年6月作成

サキュバス・コモネ・クラスケで、はばたきコンビネーション。

ギルイベの全盾ボス用の吸収デッキです。

2018年6月のギルイベ「エッグマンラッシュ・リターンズ」でも、「おじゃまぷよ」を大量に作るボスが多かったです。

その場合、漁師ボーイズシリーズよりも妖怪シリーズを入れるのもありかなと。

おじゃまぷよが作られた後に、クラスケのスキルを発動します。

そうするとフィールドが一旦リセットされ、新しいフィールドに。

もちろんおじゃまぷよも消えるので、きれいなフィールドで進めることができます。

ただ☆7でレベルマックスにすると体力が4,000前後になるので、上のような無限タフネスで使う場合、クラスケはレベル1にしておいたほうが良いです。

まとめ

こんにちは。satoです。

さて妖怪シリーズ。

最近はギルイベでおじゃまぷよが増えたので、フィールドリセットは使えます。

スキル発動数が35個になったのは大きいかと。

ちなみに漁師ボーイズは30個、雅楽師は35個です(雅楽師はそろそろ☆7になりそうですが)。

 

リーダースキルもかなり使えるものになります。

ぷよフェスカードを持っていない方には、☆7にすることをおすすめします!

今日もぷよクエ部に来ていただき、ありがとうございました♪( ´▽`)

2 Comments

セリス総督

妖怪のスキルがこれだと、お掃除ボーイズ☆7はターン数が延びるかもしれない

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。