【いねむり夢魔ガールズ】の評価と使いかた

いねむり夢魔ガールズ記事

2017年4月【バトルスキルガチャ】で初登場。2017年5月【バトルスキルガチャ】で再登場。応援団鬼侍シリーズに続く第3弾です。

今回はいねむり夢魔ガールズのデッキ・カード考察をしていきます。

バトルスキル(☆6)

次のなぞり消し後から2回、全属性を自分の回復×5で自動回復します。

スキル発動は自色ぷよ消し18個。

いねむり夢魔ガールズはバトルスキルだけになります。バトルスキルカードでは初めての回復スキル。

リーダースキル(☆6)

同属性カードの攻撃力を1.5倍、回復力を2倍にします。

リーダースキルも回復に重点を置くモノとなっています。

タイプ・コンビネーション

回復タイプ

コンビネーションはシリーズ名からしてガールズは乗るはずです。他はわかり次第追記します。

ステータス(☆6)

下記はMAXの体力・攻撃・回復のステータスです。

リンテ(赤)3597・1207・1601

デッキ例

バトルスキルカードなのでバトルデッキを組んでみました。

いねむり夢魔ガールズ記事

イノハ・サーナ・はりきるドラコ

イノハのリーダースキルは緑属性カードの攻撃力を2.4倍にし、体力MAXの時に限り体力が0になっても体力1で踏みとどまります(タフネス)。1度タフネスが発動してもすぐに体力MAXになれば再度タフネスが発動します。

このリーダースキルにいねむり夢魔ガールズのスキルを上手く合わせれば、無限タフネスが出来るのではないかなと思って組んでみました。

3枚めは緑のガールズコンビネーションが組めて、攻撃力が高いカードであればなんでもOKです。現在みどりウィッチが最強ですが、みどりウィッチはリーダーカードに使用したほうが良いですよね。

まとめ

こんにちは。satoです。

私は恥ずかしながら応援団・鬼侍シリーズ、どちらも持っていません。何故ならばリーグ戦をやらないですし、それらのスキル・リーダースキルに魅力が無いからです。

さていねむり夢魔ガールズ。

今までは攻撃のスキルでしたが今回は回復スキルです。運営さんは熱砂シリーズと合わせて使うように考えたのかなと勝手に想像してデッキを組んでみました。

ただ毎回言っているのですがスキル発動数が多すぎます。18個とか微妙な数にするならいっその事10個にして下さい。そうすればスキルをどんどん使えて、バトルスキルを楽しめると思います。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です