【さくらラフィーナ】の評価と使いかた

さくらラフィーナ記事

更新日:2017年11月27日

2014年4月「さくら満開まつり」の報酬カードとして初登場。

2016年3月のストーリークエスト「ラフィーナのさくら前線」で☆6が解禁されました。

今回はさくらラフィーナ※修正予定!を説明していきます。

さくらラフィーナ記事

リーダースキル(☆6)

属性に関係なく攻撃力を1.6倍にします。

1.6倍は低いのでリーダーカードとして使うことはあまり無いと思います。

スキル(☆6)

ランダム対象に10,000の固定ダメージ攻撃を6回行います。

スキル発動は黄ぷよ消し40個。

ギルイベのような敵が単体の場合、60,000の固定ダメージを与えます。

データ(☆6)

攻撃タイプ

コスト28

コンビネーションは魔導学校・ガールズ

本家ラフィーナとは同カード扱いなので、ならべてもコンビネーションは発動しません。

体力3,305・攻撃1,868・回復262

デッキ例

さくらラフィーナ記事

リチャードディーナ・さくらラフィーナ・演奏家のシオシオ・リチャード

2017年4月作成

ギルイベの通常攻撃無効ボスや、全盾ボス用のデッキです。

演奏家のシオよりさくらラフィーナのほうがダメージは高いので、もしさくらラフィーナを2枚持っていたらそちらを入れたほうが良いです。

ディーナのスキル「麻痺」は攻撃をうけると解除されるので、必ずさくらラフィーナと演奏家のシオのスキルを発動した後にディーナを発動させて下さい。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. 得意属性の魔法使いをリーダーカードに
  2. リーダースキルが発動しなかった場合は撤退
  3. シオのスキル発動で他のカードスキルをためる
  4. ディーナ・さくらラフィーナ・演奏家のシオのスキルがたまる
  5. さくらラフィーナ発動
  6. 演奏家のシオ発動
  7. ディーナ順番

この順番で10分間に何度もスキルを発動して、ダメージを与えていきます。

まとめ

こんにちは。satoです。

さてさくらラフィーナ。

現在全盾のボスには固定ダメージか吸収デッキが、簡単にダメージを出せます。

固定ダメージの最強は剣士ラフィーナですが、魔導石ガチャからしか登場しません。

本気のオトモなど固定ダメージをもつカードは他にもありますが、ディーナと組合せないとループインがむずかしいです。

報酬カードとしては優秀で、無課金のかたには必須カードとも言えます。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました(*´ω`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です