【さくらラフィーナ】の評価と使いかた

2014年4月「さくら満開まつり」の報酬カードとして初登場。2016年3月のストーリークエスト「ラフィーナのさくら前線」で☆6が解禁されました。

今回はさくらラフィーナのデッキ&カード考察をしていきます。

①スキル

ランダム対象に10,000の固定ダメージ攻撃を6回行います。

スキル発動は黄ぷよ消し40個。

ギルイベのような敵が単体の場合、60,000の固定ダメージを与えます。上位互換は剣士ラフィーナで400,000の固定ダメージです。

 

②リーダースキル(☆6)

属性に関係なく攻撃力を1.6倍にします。

1.6倍は低いのでリーダーカードとして使うコトはあまり無いと思います。

③タイプ・コンビネーション

攻撃タイプ。

コンビネーションは魔導学校、ガールズ。

本家ラフィーナとは同カード扱いなので、並べてもコンビネーションは発動しません。

 

④ステータス(☆6)

MAXで体力3305・攻撃1868・回復262

報酬カードの中では高い攻撃力です。

⑤デッキ例

ギルイベの通常攻撃無効ボス用のデッキです。

リチャードディーナ・さくらラフィーナ・演奏家のシオ・シオ・リチャード」

  1. 得意属性の魔法使いをリダカに
  2. リーダースキルが発動しなかった場合は撤退
  3. シオのスキル発動で他のカードスキルをためる
  4. ディーナ・さくらラフィーナ・演奏家のシオのスキルがたまる
  5. さくらラフィーナ→演奏家のシオ→ディーナの順番でスキルを発動

この順番で10分間に何度もスキルを発動してダメージを与えていきます。

演奏家のシオよりさくらラフィーナのほうが与えるダメージは高いので、もしさくらラフィーナを2枚持っていたらそちらを入れたほうが良いです。

ディーナのスキル「麻痺」は攻撃を受けると解除されるので、必ずさくらラフィーナと演奏家のシオのスキルを発動した後にディーナを発動させて下さい。

 

⑥私の感想

こんにちは。ゲンサンは諦めたsatoです。

さてさくらラフィーナ。

現在通常攻撃無効のボスには固定ダメージか吸収デッキしか攻撃する方法がありません。吸収デッキにはサキュバスを始めとしたカードが必要でなかなかガチャで登場しません。また固定ダメージ最強は剣士ラフィーナですが、2017年1月の「初売りガチャ」以降登場していません。両方とも持っていない場合はさくらラフィーナが唯一のカードになります。本気のオトモなど固定ダメージを持つカードはありますが、ディーナと組合せないとループインが難しいです。

報酬カードとしては優秀かつ必須カードとも言えます。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です