【雪国シリーズ】の評価と使いかた・3つのデッキ例

雪国シリーズ記事

更新日:2018年1月25日

2017年2月「第4回チョコレート収集祭り」

2017年3月「第2回司書官ラッシュ」のN特攻カードとして初登場。

このガチャから特攻効果レベル5が登場して、S特攻の☆6サゴがレベル5になりました。

雪国シリーズは他のN特攻カードとちがい、抱き合わせシリーズに選ばれないと登場しません。

最近は1日1回無料ガチャでも出ますが…

今回は雪国シリーズ※修正予定!を説明していきます。

 リーダースキル(☆6)

味方同属性カードの体力を2倍にして、 さらに体力が低いほど味方同属性の回復力アップ。

体力が1の時が最大で、回復力が3倍になります。

スキル(☆6)

敵単体に「こうげき」×10の属性攻撃を与え、 さらに相手を3ターン「怯え」状態にする。

スキル発動数は自色ぷよ消し40個。

「怯え」とはこちらが受けるダメージが半分になり、こちらからの攻撃が2倍になります。

カティア(敵単体、100%、5ターン)、ウンディーネ(敵全体、80%、5ターン)などが持っています。ただこれらのカードは青属性のみ。

雪国のように、全属性で怯えはとても強力です。

赤属性では同じようにあたえるダメージが2倍のミノアがガールズなので、デッキによって使い分けると良いかなと。

雪国シリーズ記事

データ

体力タイプ

コスト26

☆4→5:ぷよキャンディー☆3×2、☆4、☆5×2

☆5→6:ぷよキャンディー☆4、☆5×2、☆6×2

コンビネーション
オレグ ボーイズ
クリアーナ ガールズ
ヤコフ ボーイズ
マイア ガールズ
ルーダ ガールズ

 

ステータス(☆6)
体力 攻撃 回復
オレグ 4,728 1,491 343
クリアーナ 4,686 1,457 371
ヤコフ 4,770 1,463 357
マイア 4,728 1,463 371
ルーダ 4,686 1,491 357

雪国シリーズ記事

デッキ例

闇の天使

雪国シリーズ記事

グラニアニナ・ルーダ・ニナワタグラニア

2017年2月作成

グラニア・ニナ・ルーダでガールズコンビネーション。

ニナは回復力の合計でダメージが決まります。

グラニアのリーダースキルで2.8×2.8=7.84倍、グラニアのスキルで3.5倍、ルーダの怯えで2倍。

合計54.88倍でニナのスキルを打てます。

ニナがない場合、攻撃力は落ちますが聖夜の天使シリーズでもOKです。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. ワタのスキル発動で他のカードスキルをためる
  2. グラニア・ニナ×2がたまるがまだ使わない
  3. ルーダがたまる
  4. ルーダ発動
  5. グラニア発動
  6. ニナ×2発動

 

闇の天使-2

雪国シリーズ記事

オレグ・アニーニアアフマルエドガー・オレグ

デッキ作成:てみみんさん(@temiyuri

雪国シリーズのリーダースキルは同属性カードの体力を2倍にして、体力が低いほど回復力をアップします。

体力が1の場合は回復力が3倍に。

そこでニアのスキルで体力を1にすれば、オレグ&オレグで回復9倍のデッキになります。

まずオレグの怯えを入れてニアのスキル発動で攻撃。

体力1になるのでアフマル発動で回復力を2.5倍にします。

そのターンでエドガーを発動。

アニーは全員の回復力を上げるのと、スキルで得意属性のぷよを6個ハートBOXに変換するので体力1になった後の回復用です。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. 全員のスキルがたまる
  2. オレグ発動
  3. アフマル発動
  4. ニア発動
  5. エドガー発動
  6. アミー発動

 

通常階用

通常攻撃無効記事・雪国シリーズ記事

伝道師りすくま戦乙女アルルりすくま・マイア・シオきいろいあやしいクルーク

2017年8月作成

ギルイベの通常階用デッキ。色盾がついたあとですね。

闇の天使砲の約2倍ぐらいダメージがでるデッキです。

ポイントは伝道師りすくまのスキルで作ったプリズムボールを、戦乙女アルルの全消しスキルで消すことです。

スキル発動の順番に気をつけて下さい。

初代ぷよシリーズを☆7にすればスキル発動45個なるので、スキル上げして40個にして使うのもありです。

きいろいあやしいクルークを入れたのは、開幕1ターン黄ぷよがふりスキル発動が早いからです。

落ちコンが良ければ1~2ターンでシオが光ります。

まとめ

こんにちは。satoです。

今まで怯えは青属性だけだったので、くろいシグネルフルなどをリーダーカードにしたデッキが中心でした。

それが雪国の登場で全色使えるように。

デッキ例でも紹介した闇の天使を使ったデッキもありですし、他にも色々なデッキがくめます。

ただカティアと同じく敵単体に有効なので、収集イベントやギルイベで使うことが多いかなと。

進化素材に魔導書が必要でもいいぐらいに使えるカード。

手に入れたかたは、優先して育てる価値のあるカードです。

ここまでほめちぎっているのですが、状態異常は属性ごとにわかれていたほうが良かったのかなと思います。

怯えで行くなら青属性、怒りで行くなら赤属性みたいに。

とは言っても結局雪国をフル活用してますが(*´ω`*)

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

以上!(*´ェ`*)

4 Comments

よういち

いつも参考にさせてもらっています!
雪国の青について「クレアーナ」とありますが、私の端末では「クリアーナ」と表示されています。細かい話で大変恐縮ですが、ご確認ください。青の怯えなので、主にカティアを使っていて、あまりよく見ていませんでした(笑

返信する
sato sato

よういちさん
コメントありがとうございます♪
本当ですね、間違っていました。
早速直しておきます。ありがとうございます♪

返信する
碧海

ヤコフ(緑)はカード説明に「雪国生まれの男の子」とあり、
実際ボーイズがつきます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です