【ドワーフシリーズ】の評価と使いかた・便利なスイッチ役

公開日:2016年12月13日

2015年4月「精霊収集祭り」、2014年5月「第5回神殿ラッシュ」の特攻カードとして初登場。

今回は「ドワーフ」シリーズのカード考察をしていきます。

エリク

レイフ

ヨルン

カッポ

オルヴォ

 

 

 

リーダースキル(☆6)

有利色の敵から受けるダメージが半分になります。

たとえば青のドワーフであれば赤の敵の攻撃が半分になります。

ドワーフをリーダーカードとサポートにすれば受けるダメージが1/4になります。

またドワーフを敵の有利色にしておけばデッキ内のカードは何色でも受けるダメージは半分になります。

スキル(☆6)

自身の最大体力の12倍でタフネス貫通攻撃をします。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

「タフネス貫通攻撃」は以前開催されていた「ギルドバトル」でつかえましたが、今ではタフネス貫通をつかう場面はないと思います。

ただ体力×12倍の攻撃は強力です。

SUN」や「魔界」などの体力をアップさせるカードをリーダーカード・サポートにすると最大限の攻撃ができます。

またデッキ内のカードの体力が上がっているので落とされにくいです。

デッキ内に同じ色のドワーフを数枚いれておけば簡単にダメージをあたえられます。

タイプ・コンビネーション

たいりょくタイプ

「ひげ」「ボーイズ」

ステータス(☆6)

マックスで体力5880(±51)/攻撃1361(±17)/回復284(±18)

たいりょくタイプの中でも体力がとても高いカードです。

変身素材

☆4→☆5:ぷよキャンデー☆3、☆4×2、☆5×2

☆5→☆6:ぷよキャンデー☆4、☆5×2、☆6×2

まとめ

こんにちは。スタンダードプレイヤーのsatoです。

あまり目立たないカードですがいろいろな場面でつかえます。

いちばん使うのはギルイベでしょう。

まずスキル。

全体の体力を上げて落とされにくくなるのでドワーフのスキルで攻撃しやすいです。ドワーフを複数枚デッキにいれれば、それなりのダメージをあたえられます。

殴りではきびしくなってきたらつかう価値はあるかなと思います。

次にリーダースキル。

ドワーフを敵の有利色にしておけばデッキ内のカードは何色でも受けるダメージは半分になります。

サポートもドワーフにすれば受けるダメージは1/4になります。

受けるダメージがとても少なくなるので、デッキ内は割合をいれる「西洋妖怪」や毒入れカードをいれて攻撃しやすくなります。

ゴールド以上のチケットで手に入るので、手に入ったときは育てて使ってみると面白いと思います。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です