【司書官シリーズ】の評価と使いかた・テクニカルやマルチで

2016年11月「第1回司書官ラッシュ」の報酬カードとして初登場。第3回まで開催されています。

今回は司書官シリーズのデッキ・カード考察をしていきます。

イオ

プリム

トゥール

 

 

 


スキル(☆6)

相手全体にカード図鑑の数×150の属性攻撃をします。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

上限は図鑑2,000枚×150=300,000です。勉強家のラフィーナ・クルーク(100,000)の上位互換カードになります。

 

リーダースキル(☆6)

コンビネーション「ガールズ」発生時に効果が300%アップします。

同様のリーダースキルを持っているのはくろいアコール先生(魔導学校コンビ)、つよいラグナス(剣士コンビ)等があります。

アップ率は250%になりますがドッペルゲンガーアルル、フィーバーどうぶつシリーズ歌姫ハービー等はコンビネーションが何でも発動します。

簡単に言うとガールズコンビネーション込みで全能力1.8倍になるというコトです。これは初代ぷよシリーズの1.4倍を上回りますが、ガールズコンビネーションという縛りがあります。

タイプ・コンビネーション

体力タイプ

コンビネーションは全員共通で司書官。

  • イオ(青)ガールズ、めがね
  • プリム(緑)ガールズ
  • トゥール(赤)ガールズ

 

ステータス(☆6)

下記はMAXの体力・攻撃・回復のステータスです。

  • イオ(青)5144・1293・359
  • プリム(緑)5177・1287・355
  • トゥール(赤)5160・1300・351

デッキ例

ローゼマの挑戦状」の超極辛で私はこのデッキで回していました。

リチャードみどりウィッチドラコケンタウロス・プリム・エムプーサネヴァ・控えにグリフォ

リチャードのレベルがMAXであれば開幕お邪魔ぷよが3ターンぐらい耐えれ、4ターン目ぐらいにグリフォがスタメンになります。受けるダメージが減るので、一番体力が低いグリフォを控えに入れておいた方が良いです。

ティルラの挑戦状」でも使われているようです。

 

まとめ

こんにちは。スタンダードプレイヤーのsatoです(@puyoque_puyo

さて司書官シリーズです。

スキルは普通のクエストでは火力が弱く使うコトは無いでしょう。ただテクニカルクエストやマルチなどのタワーボーナスが無い場合には高い火力スキルになります。

リーダースキルは初代ぷよと組み合わせると全能力2.52倍になりますが、ガールズコンビネーションという縛りがあるので漁師シリーズを入れることが出来なくなります(赤属性だけは雅楽師のミヤビを入れるという手もありますが)

いざという時に使えるカードなので、育てておいて損は無いシリーズです。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です