【伝説聖獣(エジプト)】の評価と使いかた・ターンを経過しないで大連鎖チャンス

2017/5/17に追記しました

第5回プワープカップ バナー

2014年5月【第5回プワープカップ】の報酬カードとして初登場。その後のプワープカップで順次登場。2015年3月からぷよPで交換出来るようになり☆6が解禁されました。

今回は伝説聖獣シリーズのデッキ・カード考察をしていきます。

セトカ

セトカ

ホルア

ホルア

セベス

セベス

バスティア

バスティア

アヌディス

アヌディス

 

 

 


①スキル(☆6)

スキルを発動するとターンを経過せずに大連鎖チャンスに入ります。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

通常の大連鎖チャンスと同じように全消しボーナス、回復やスキルカウントが出来ます。ただ自身のスキルはたまりません。

 

②リーダースキル(☆6)

バランスタイプの体力・回復を1.8倍アップします。

同じリーダースキルは案内人シリーズが持っています。

③タイプ・コンビネーション(☆6)

バランスタイプ

  • セトカ(赤)どうぶつ、ボーイズ
  • ホルア(青)はばたき、ボーイズ
  • セトカ(緑)どうぶつ、つの、ボーイズ
  • バスティア(黄)どうぶつ、ガールズ
  • アヌディス(紫)どうぶつ、ボーイズ

ボーイズ、ガールズは☆4から付きます。

 

④ステータス(☆6)

下記はMAXの体力・攻撃・回復のステータスです。

  • セトカ(赤)3633・1412・810
  • ホルア(青)3586・1375・930
  • セトカ(緑)3680・1338・870
  • バスティア(黄)3633・1338・930
  • アヌディス(紫)3586・1412・870

⑤デッキ例

ギルイベで割合を何度も当てるデッキです。

デッキ ギルイベ 大勇者ラグナス 西洋妖怪 伝説聖獣

大勇者ラグナスグリープインギール・アヌディス・ワタ・大勇者ラグナス】

  1. スキル発動の順番
  2. 紫を中心に黄を巻き込みながらぷよ消し
  3. ワタ発動で他のカードスキルをためる
  4. アヌディス発動で黄紫のスキルをためる
  5. グリープ発動
  6. インギール発動
  7. ワタ発動のループ

大勇者ラグナス×大勇者ラグナスで黄紫属性カードの体力12.25倍。全員ボーイズコンビネーション。

きいろいサタンがあればそちらの方が早いですが、無い場合はアヌディスを入れるのも有りです。アヌディスのスキルはターンを経過しないので、上手くいけばスキル発動中にグリープのスキルがたまります。10分間で1回でも多く割合を当てます。

 

⑥まとめ

こんにちは。satoです。

さて伝説聖獣シリーズです。実装当時はシリーズ名が決まって無くエジプトと呼ばれていました。運営さんは今でもシリーズ名を最初に公表しない時がありますね。

初登場時からしばらくはリーダースキルを活かしてギルイベでよく使われていました。西洋妖怪・漁師シリーズがバランスタイプだったので、ハートボックスを消しながら耐えて割合を当てていました。今はインフレが進んでリーダーカードとして採用されるコトは少ないと思います。

ただスキルはとても優秀。ターンを経過しないで大連鎖チャンスに入れるのは今でも伝説聖獣シリーズだけです。ギルイベでは1ターンがとても大切です。それを経過しないでスキルをためられるのは有り難いスキルです。

必須カードでは無いですが、持っているとデッキの幅が広がるカードです。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です