【ラビットダンサーシリーズ】の評価と使いかた・闇の天使と相性抜群

ラビットダンサー記事

更新日:2017年9月25日
公開日:2016年10月16日

2014年10月「月見だんご収集祭り」のN特攻カードとして初登場。ちなみにこのガチャのS特攻はアレックスでした。

闇の天使シリーズの登場で、一気に使えるカードになったラビットダンサーシリーズの評価と使いかたを説明していきます。。

アフマル

アフマル

アズラク

アズラク

アクダル

アクダル

アスファル

アスファル

アスワド

アスワド

 

 

 

リーダースキル(☆6)

同属性カードの攻撃力と回復力を逆転させます。

普段は使いませんが、ミッションのぷよ~消しには使えます。

またうまくデッキを組めば、攻撃回復逆転ボスにも。

スキル(☆6)

1ターンの間、同属性カードの回復力が2.5倍になります。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

ゴーストロリータシリーズの3.5倍よりは低いですが、ラビットダンサーシリーズはゴールドチケットなどで登場するので比較的手に入りやすいカードです。

ラビットダンサー記事

データ

  • 回復タイプ
  • コスト22
  • ☆4→☆5:ぷよチョコ☆3、☆4×2、☆5
  • ☆5→☆6:ぷよチョコ☆4×2、☆5×2、☆6
コンビネーション
アフマルどうぶつ・ガールズ
アズラクどうぶつ・ガールズ
アクダルどうぶつ・ガールズ
アスファルどうぶつ・ガールズ
アスワドどうぶつ・剣士・ガールズ

 

ステータス(☆6MAX)
体力攻撃回復
アフマル4,1517881,373
アズラク3,9957401,441
アクダル4,3076921,407
アスファル4,1526921,441
アスワド3,9957881,407

使いかた

まずはリーダースキルから。

基本的にはあまり使いません。

デイリーミッションのぷよ◯個消しの時に使うぐらいかなと。

詳しくはこちらを参考にしてみて下さい。

修正中です^^;”5389,x”]

スキルはゴーストロリータシリーズの小型バージョン。

回復力のエンハンスカードを持っていない人にはとても使えるスキルです。

デッキ例

1-雅楽師デッキ

闇の天使記事 ラビットダンサー記事

シグレワタアビスver.聖夜ニナ・アスワド・シグレ」

シグレ・ワタ・アビスver.聖夜でボーイズコンビネーション。

ワタを入れているのは少しでも早くスキルをためるためです。

スピードよりもダメージを重視するなら、ワタのかわりにシャンファアビスなどの回復力が高いカードを入れます。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. ワタ発動で他のカードスキルをためる
  2. ニナがたまるがまだ使わない
  3. シグレ発動でチャンスぷよを消してスキルカウントを加速
  4. アビスver.聖夜・アスワドがたまる
  5. アスワド発動
  6. アビスver.聖夜発動
  7. ニナ発動

 

2-雪国デッキ

闇の天使記事 雪国記事 ラビットダンサー記事

オレグアニーニア・アフマル・エドガー・オレグ」

このデッキはツイッターのフォロワーさん、てみみんさん(@temiyuri)から提供して頂きました。

オレグのスキルは同属性カードの体力を2倍にして、体力が低いほど回復力がアップします。体力が1の場合は回復力が3倍に。

そこでニアのスキルで体力を1にすれば、回復9倍のデッキになります。

まずオレグの怯えを入れてニアのスキル発動で攻撃。

体力1になるのでアフマル発動で回復力を2.5倍にします。そのターンでエドガーを発動。

アニーは全員の回復力を上げるのと、スキルで得意属性のぷよを6個ハートBOXに変換するので体力1になった後の回復用です。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. 全員のスキルがたまる
  2. オレグ発動
  3. アフマル発動
  4. ニア発動
  5. エドガー発動
  6. アミー発動

 

まとめ

こんにちは。スタンダードプレイヤーのsatoです。

今までスキルは使いどころが無く、リーダースキルはデイリーミッションのぷよをたくさん消すぐらいしか使い道がありませんでした。

それが闇の天使・ゴーストロリータシリーズの登場で一気に注目されるシリーズになりました。

ゴーストロリータシリーズなどの回復力エンハンスを持っていない方は、育てておくことをオススメします。

比較的簡単に手にはいるのもうれしいです。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です