【剣士クルークの評価と使いかた】吸収デッキの重要なエンハンス

2017-07-26に追記しました。

2016年5月「オールスターガチャ」で初登場。2016年10月「日替わり魔導剣士ガチャ」、2017年1月「初売りガチャ」の抱合せ、7月「魔導剣士ガチャ」で再来しました。

今回はギルイベの吸収デッキで使える剣士クルークのデッキ・カード考察をしていきます。

①スキル(☆6)

3ターンの間、全カードの攻撃力が2.5倍になります(エンハンス)

スキル発動は紫ぷよ消し40個。

②リーダースキル(☆6)

通常攻撃の同色の連鎖補正が5倍になります。

最終的に何連鎖したかでなく「何連鎖目に紫ぷよを消したか」でダメージが変わってきます。4連鎖で童話シリーズとほぼ同等のダメージ、5連鎖以上で上回ると考えてよいと思います。

リーダースキルは強力ですが発動するのが難しいです。

安定して毎ターンダメージを出すなら剣士クルークをリーダーカードにするのではなく「通常攻撃を○倍」にするカードを使った方が良いと思います(例:魔導学校童話聖獣拳士シリーズなど)

剣士クルーク アイコン

③タイプ・コンビネーション

バランスタイプ

コンビネーションは本家クルークと同じで魔導学校・ボーイズ・めがね

④ステータス(☆6)

MAXで体力3808・攻撃2104・回復799

全てのステータスが高い優秀なカードです。

⑤変身素材

☆5→☆6:むらさきぷよアイス☆5、☆6×2、100点テスト×2

テストが2枚必要なのはイタイです。

⑥デッキ例

吸収デッキA

クールなシェゾ・剣士クルーク・シグレサキュバス・クロミ・クールなシェゾ】

  1. スキル発動の順番
  2. シグレ発動で他のカードスキルをためる
  3. 剣士クルーク・サキュバス・クロミを同時に発動
  4. シグレ発動のループ

クールなシェゾ×クールなシェゾで体力・攻撃力9倍のデッキ。クールなシェゾ・剣士クルーク・シグレでボーイズコンビネーション。

すずらん+αシリーズの3倍、くろいシグの3.5倍と比較すると、3ターン合計7.5倍の剣士クルークはサキュバスなどの数ターン続くスキルを持っているカードとの相性がいいです。また童話シリーズとの相性もとてもよく、童話の同時消しを3ターン2.5倍にすることができます。

ただ初代ぷよシリーズなど1回限りのスキルには、すずらん+αシリーズやくろいシグのほうが高いので注意です。

吸収デッキB

吸収 召喚士 剣士クルーク コモネ サキュバス 熱砂

アルガー・剣士クルーク・ワタコモネサキュバスギューラ

アルガー×ギューラで攻撃力9.6倍のデッキ(体力補正は入れていません)。

アルガーのリーダースキルで体力を1/4にします。ギューラのリーダースキルは体力MAXであれば何度でもタフネスを発動するので、この組合せで無限タフネスループをします。コモネ・サキュバスが発動すれば毎ターン回復するので、ハートBOXを消す必要もありません。後は10分間吸収しまくります。ループが切れそうになったらアルガーの反射を使って1ターンしのぎます。

⑦まとめ

こんにちは。スタンダードプレイヤーのsatoです

さて剣士クルーク。

魔導剣士シリーズのリーダースキルはあまり使わないと思います。それぞれの剣士のスキルが優秀です。

剣士クルークは全属性が対象で3ターン×2.5倍のトータル7.5倍のエンハンスです。通常のクエストでも活躍しますが、一番輝けるのは吸収デッキ。剣士クルークが有るか無いかだとかなりダメージが変わってきます。

本家クルークでスキル上げが出来るので、どんどんスキル上げしちゃいましょう。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です