【☆7熱帯人魚シリーズ】の評価と使いかた・☆6との違い

熱帯人魚シリーズ記事

更新日:2017年12月21日

アーシル・フワール・リーンは2015年1月「常夏のバカンス祭り」

ルカ・プルコは2015年1月「第3回神殿ラッシュ!」の特攻カードとして初登場。

初登場時☆6はガチャからは出現せず、☆5→☆6の進化合成もできないという特殊なカードでした (☆4~☆5はガチャから出現し、☆4→☆5への進化は可能)。

たしかぷよアイスの☆6がまだ実装されてなかったんでしたっけ?

その後2015年3月から☆5→☆6の進化が可能になりました。

2017年12月に☆7が実装されました。

今回は熱帯人魚シリーズ※修正予定!を説明していきます。

熱帯人魚シリーズ記事

リーダースキル(☆7)

バランスタイプの攻撃力・回復力が2.5倍になります。

(☆6はバランスタイプの攻撃力・回復力が1.8倍)

属性が関係なくタイプによってリーダースキルがのる場合、「味方全体」と表記されていると思います。

熱帯人魚シリーズは「バランスタイプ」としか表記されていませんが、たぶん属性は関係ないと思います。

検証すれば良いのですが、時間がなくてまだできていません。

ごめんなさい(T_T)

スキル(☆7)

自色ぷよを4個チャンスぷよに変換させ、 弱点色ぷよを自色ぷよに変換します。

スキル発動数は自色ぷよ消し40個。

(☆6は3個チャンスぷよに変換、スキル発動数は45個)

4個のチャンスぷよが色変換によって同時に消えてしまい、大連鎖チャンスが1回になってしまう可能性があるのが残念です(・_・;)

またこのスキルで変換した色ぷよや、チャンスぷよはスキルカウントされないので注意。

デイリーミッションの、ぷよ消し数はカウントされます。

熱帯人魚シリーズ記事

データ

バランスタイプ

コスト40(☆6は28)

☆4→☆5:ぷよアイス☆3・☆4×2・☆5×2

☆5→☆6:ぷよアイス☆4・☆5×2・☆6×2

☆6→☆7:☆7へんしんボード

コンビネーション
アーシル スイマー・ガールズ
フワール スイマー・ガールズ
リーン スイマー・ガールズ
ルカ スイマー・ガールズ・めがね
プルコ  スイマー・ガールズ

 

ステータス(☆7)
体力 攻撃 回復
アーシル 4,764 2,168 1,088
フワール
リーン 4,831 2.124 1,105
ルカ
プルコ

情報をいただけると助かります(*´ェ`*)

デッキ例

熱帯人魚記事

マリンなパノッティ・Sハマルサンタりんごお茶会のアコール先生S・リーン・リリしいリデル

2017年7月作成

報酬カード・チケットガチャで手に入るカードだけで組んだ(サポートは別)疑似単色デッキです。

デッキ内に5色そろうので体力・攻撃力6倍のデッキ。

サンタりんご・お茶会のアコール先生S・リーン・りりしいリデルでガールズコンビネーション。

サンタりんごはスキル発動が50個と重いですが、疑似単色を作るために必要な緑/赤で唯一の報酬カードです(2017年12月時点)。

サポートでりりしいリデルが借りれなければ成り立たないですが、報酬カードだけでそれなりのダメージが出るデッキです。

ハマルのスキルは使わないですが、フィールドがリセットできるので、緑ぷよがあまり無い場合は発動するのもありです。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. 全員のスキルがたまるまで頑張る
  2. りりしいリデル発動
  3. お茶会のアコール先生発動
  4. リーン発動
  5. サンタりんご発動
  6. パノッティ発動で分離同時消し
  7. 分離同時消し出来ないフィールドであればパノッティの前にハマル発動

熱帯人魚シリーズ記事

まとめ

こんにちは。satoです

さて熱帯人魚シリーズです。

初登場は☆6にできなかったりして、他の特攻カードより記憶にのこっています。

せっかくつくったチャンスぷよが1回の大連鎖になってしまったり、「あ…」というところもあります。

でも他のカードでチャンスぷよを4つ作っても、私は下手なので落ちコンで1回になることも多いんですよね(*´ェ`*)

☆6では発動数が45個でしたが、☆7になり5個少なくなったので使いやすくなりました。

あとデザインが可愛くて好きです(*´ェ`*)

Twitterではあまりそういう意見をみないので、そう思っているの私は少数派なのかな…

今日もぷよクエ部に来ていただきありがとうございました。間違いなどありましたら、コメントをいただけると助かります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です