【 妖怪シリーズ】の評価と使いかた・漁師+フィールドリセット

妖怪記事

更新日:2017年9月14日

2016年6月「おさかなラッシュ」のN特攻カードとして初登場。

ネクストぷよを自色に変換する3番目のシリーズです。

今回は妖怪シリーズのデッキ・カード考察をしていきます。

ボダマル

ボダマル

セイラン

セイラン

カワタロウ

カワタロウ

マタキチ

マタキチ

クラスケ

クラスケ

 

 

 

リーダスキル(☆6)

同属性カードの攻撃力が2倍になります。

魔導学校シリーズと同じリーダースキルです。

スキル(☆6)

フィールド上のぷよをすべてリセットし、その後3ターンの間、次の落ちぷよをすべて自色ぷよに変えます。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

リセットはおじゃまぷよも消してくれます。

 

タイプ・コンビネーション

攻撃タイプ

コンビネーションは全員共通でおばけ

  • ボダマル(赤)ヒゲ
  • セイラン(青)ヘビー級、ヒゲ、キノコ
  • カワタロウ(緑)スイマー
  • マタキチ(黄)どうぶつ、にくきゅう
  • クラスケ(紫)はばたき

ステータス(☆6)

下記はMAXの体力・攻撃・回復ステータスです。

  • ボダマル(赤)2900・1949・201
  • セイラン(青)2882・1943・211
  • カワタロウ(緑)2918・1937・206
  • マタキチ(黄)2900・1938・211
  • クラスケ(紫)2882・1949・206

変身素材

  • ☆4→☆5:ぷよゼリー☆3、☆4×2、☆5×2
  • ☆5→☆6:ぷよゼリー☆4、☆5×2、☆6×2

デッキ例

ギルイベの全色盾(通常攻撃有効)がついた青ボス用で、ガーディアンシリーズを持っていない場合。

ルゴーヘドver.HWレベッカヘド・ボダマル・ルゴー・控えにりんご

ルゴーのリーダースキルは攻撃タイプだけタフネスなので、漁師シリーズではなくボダマルを入れます。

もし先頭のルゴーのかばうだけでは足りない時は、サポートルゴーのスキルも発動させます。

またヘドver.HWのリーダースキルは赤色で8個以上同時消しした場合に攻撃力が3.5倍なので、りんご・レベッカのスキルを使う時は8個以上消すようにしましょう。

最近はあまり使わなくなった攻撃方法ですが、ガーディアンシリーズを持っていない人は重装兵シリーズでも代用できます。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. ボダマル発動で他のカードスキルをためる
  2. 先頭のルゴー発動で攻撃を受けて無理に落とす
  3. ヘドver.HWがリダカになり、りんごがスタメンに
  4. ヘド発動でボスのターンを+3にする
  5. ヘドver.HW発動で次のターンに分離同時消しが出来るようにぷよを変換
  6. レベッカ発動で分離同時消し
  7. りんごのスキルはレベッカの分離消しをするターンで発動させる
  8. 10分間このループで何回も攻撃を与えていく

まとめ

こんにちは。スタンダードプレイヤーのsatoです。

さて妖怪シリーズ。

最近はギルイベでおじゃまぷよの出現が増えたので、フィールドリセットは使えます。

残念なのはスキル発動数が40個と多いコト。スキル上げをしても35個。

漁師(30個)、雅楽師(35個)と比べるとスピード感が違います。40個発動だと他のカードのスキルもたまってるでしょうし。

ただギルイベのようにループが必要で、おじゃまぷよが出てくるボスにはとても使えるカードです。

複数枚持っている場合は、スキル上げに使ったほうが良いと思います。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です