【西洋妖怪シリーズ】の評価と使いかた・ギルイベ専用シリーズ

2017-06-20に追記しました

2013年10月「ハロウィン祭り」の報酬カードとして初登場。その後のイベントで順次登場しました。

最初のドラウド3世は収集のランキングに応じて獲得できたカードで、多くの人が取れなかったという伝説のカードでした。2014年8月からぷよPでの交換ができるようになりました。

今回は西洋妖怪シリーズのデッキ・カード考察をしていきます。

ドラウド3世

ドラウド3世

マーギン

マーギン

ライカー

ライカー

インギール

インギール

グリープ

グリープ

 

 

 

 


①スキル(☆6)

敵単体の残りHPの15%のダメージを与えます。

スキル発動は自色ぷよ消し50個。

ダメージはスキルを発動した時の敵の最大体力です。例えば体力10,000のボスでスキル発動時に体力が5,000になっていたら、ダメージは1,500ではなく750になります。

 

②リーダースキル(☆6)

一度だけHP1の状態でとどまります(タフネス)

タフネスは他にさかなガーディアン狩猟民重装兵ハロウィン重装兵シリーズなどが持っています。

ドラウド3世 アイコン

 

③タイプ・コンビネーション

バランスタイプ

  • ドラウド3世(赤)はボーイズ、まもの
  • マーギン(青)はボーイズ、まもの、スイマー
  • ライカー(緑)はボーイズ、まもの、どうぶつ
  • インギール(黄)はボーイズ、まもの、めがね(☆4から)
  • グリープ(紫)はボーイズ、まもの、はばたき(☆5から)

 

④ステータス(☆6)

下記はMAXの体力・攻撃・回復のステータスです。

  • ドラウド3世(赤)2945・1353・785
  • マーギン(青)2900・1338・811
  • ライカー(緑)2990・1323・798
  • インギール(黄)2945・1323・811
  • グリープ(紫)2900・1353・798

 

⑤スキル(割合)の計算方法

ボスの体力が100%の時に一人でスキルを何回も発動した場合の総合ダメージ

  1. 15%
  2. 27.8%
  3. 38.6%
  4. 47.8%
  5. 55.6%
  6. 62.3%
  7. 67.9%
  8. 72.8%
  9. 76.8%

スキルがボスの残り体力の15%のダメージなので、いくらスキルを発動してもワンキルは出来ません。

 

⑥効率的なボスの倒し方

いくらスキルを当ててもワンキル出来ません。また一人がスキルを当て撤退してから他の人が凸っても、ボスの体力が減っているので与えるダメージが減ってしまいます。

いちばん良いのは複数人で同時に凸をして、ボスの体力が0になったら撤退する方法です。

たとえば4人凸して1人2回スキルを発動します。そうすると27.8×4=111.2%のダメージになります。

このように凸人数によって何回スキルを発動するかが変わってきますので、上手く連携できると早く倒すことが出来ます。

⑦デッキ例

スキルから分かるようにギルイベでしか使わないカードです。

クールなシェゾグリープワタヨキにゃんぐるみぃ・クールなシェゾ】

  1. スキル発動の順番
  2. ワタ発動で他のカードスキルをためる
  3. 体力が減っていたらにゃんぐるみぃを発動
  4. ヨキがたまってもまだ使わない
  5. グリープがたまる前に攻撃を受けそうだったらヨキ発動
  6. グリープ発動

控えにはアピスを入れておくと安心です。もしくは控えは全て特攻カード。

 

くろいシグきいろいサタン・グリープ・ドラウド3世・インギール・くろいシグ】

  1. スキル発動の順番
  2. 他の色をまきこみながら黄ぷよを消していく
  3. きいろいサタン発動
  4. 他の色をまきこみながら黄ぷよを消していく
  5. すべての西洋妖怪が発動するまできいろいサタン発動

黄ぷよを中心に消していくので、紫の色盾がなければインギールは入れたほうが良いです。

 

メローヌ・ライカー・セベスナリナソス・ライカー

2016年8月作成

ライカー・セベス・ナリでボーイズコンビネーション。

ボスが全体攻撃ではなく、単体攻撃の時に使えます。

かなり早くスキルを発動出来るデッキ。

ただタフネスが1度なので運任せなところもあります。

チャンスぷよを作るカードではなくセベスを入れているのは、ターンを経過せずに大連鎖チャンスに入れるからです。

 

リチャードヨキ・グリープ・ルファスワタ・リチャード

2016年8月作成

リーダー&サポートに魔法使いシリーズを使えば、ボスのターンが一定の確率で+6になります(最近はターンプラス盾がふえてきていますが…)。

例えばボスのターンが2だった時には8に増えるということです。

ターン数が6ふえれば、ほとんどのスキルはたまると思います

グリープがたまる前に攻撃を受けそうになったら、ヨキを発動して1ターン稼ぎます。

体力は関係ないのでコンビネーションを考える必要はないです。

 

オリオ・ライカー・コスタしろうさぎナリ・オリオ

2017年3月作成

赤ボス用。

コスタとしろうさぎのスキルでループさせます。

サポートはライカーにして、片方をタフネスにするのもアリです。

 

アルガーわらいネコワタグリープルファス・グリープ

2017年4月作成

アルガーとわらいネコで反射スキルが2回あるので、ループしやすいと思います。

ただ全体攻撃やターン数が少ないボスでは、あっという間にタフネスがきれるのでオススメはしません。

 

デッキ ギルイベ 大勇者ラグナス 西洋妖怪 伝説聖獣

大勇者ラグナスグリープインギールアヌディスワタ・大勇者ラグナス】

大勇者ラグナス×大勇者ラグナスで黄紫属性カードの体力12.25倍。全員ボーイズコンビネーション。アヌディスのスキルはターンを経過しないので、上手くいけばスキル発動中にグリープのスキルがたまります。

 

サゴウトジョーノマーギンソニアフェイ

フェイのリーダースキル「3連鎖以上で回復」を利用して、無限タフネスでループしていきます。マーギン以外はスキル加速用のカードです。

 

セリリ さかな マーギン きぐるみぃ 戦乙女ダークアルル
セリリニジイルカマーギンウトぺんぐるみぃ戦乙女ダークアルル

セリリと戦乙女ダークアルルで体力5.5倍・攻撃力3.5倍のデッキです。セリリとぺんぐるみぃのスキルを使って耐久しながらマーギンを発動させます。

 

くろいシグニードライカーインギールグリープ・くろいシグ

2017年5月作成

5色そろうので体力9倍のデッキ。

ライカー・インギール・グリープ・くろいシグでボーイズコンビネーション。

くろいシグとニードで4色出来るので、あとは紫を入れればOKです。

こういった多色デッキではきいろいサタンがよく使われていたと思います。

芸術家シリーズは3ターンチャンスぷよを作るので、きいろいサタンより早いかもしれません。

スキルカウントと合わせて回復できるのもうれしいです。

⑧まとめ

こんにちは。グリープが好きなのですが最近使う頻度が少なくなり寂しいsatoです(@puyoque_puyo

西洋妖怪シリーズはギルイベ専用というかギルイベでしか使いません。

ボスの体力が低い時はあまりダメージを与えれませんが、体力が1億だった場合はスキル1回で1500万のダメージを与えることができます。

現状ぷよPでしか手に入らず全色集めるのは大変ですが、少しづつでも集めて行きましょう。ギルイベを楽しみたい人には必須カードです。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です