【神官エルフ・ディーナ】の評価と使いかた

ディーナ記事

2014年11月「第2回神殿ラッシュ」の報酬カードとして初登場。

2015年10月に☆6解禁。現在は不定期に開催される襲来イベントやぷよPで交換できます。

今回はディーナの評価と使いかたを説明していきます。

ディーナ記事

リーダースキル(☆6)

黄属性カードの攻撃がクリティカルダメージ(星のエフェクトが発生)になる場合があります。

クリティカル発生時のダメージは5倍となります。

体感的にはにゃんこのラフィーナなどのにゃんこシリーズよりも発生率は低く、リーダースキルを期待してもガッカリするかもしれません。

スキル(☆6)

敵単体に自身の攻撃力×10倍の属性攻撃、さらに100%の確率で麻痺状態にします。

スキル発動は黄ぷよ消し40個。

気を付けなければならいのは敵単体に有効というコトです。

データ

体力タイプ

コスト28

コンビネーションはエルフ・ガールズ・剣士

体力4,868・攻撃1,590・回復201

デッキ例

ディーナ記事

アルベルト・ディーナ・剣士ラフィーナ・剣士ラフィーナ・シオ・アルベルト

2016年8月作成

ギルイベの通常攻撃無効や全盾用のデッキです。

10分間に1回でも多く剣士ラフィーナのスキルを当てていきます。

気をつけなければならないのは麻痺は1度攻撃を受けると解除されてしまうので、必ず剣士ラフィーナのスキルを当てた後に「麻痺」をかけましょう

ディーナの代わりに華麗像や悪魔シリーズでも使えますが、華麗像はターンプラス2でループはむずかしいです。

また悪魔シリーズは有利色にのみターンプラス3なので、ボスが紫であれば剣士ラフィーナと合わせて使えます。

他の色の場合はディーナが一番良いと思います。

スキル発動の順番ものせておきます。

  1. 得意色の魔法使いをリダサポにしてボスのターン数をプラス6
  2. シオのスキル発動で他のカードスキルをためる
  3. 剣士ラフィーナ×2のスキル発動
  4. ディーナのスキル発動

 

ディーナ記事

2016年8月作成

剣士ラフィーナを持っていなければ、ダメージは落ちますがこういうデッキも組めます。

剣士ラフィーナの代わりに、さくらラフィーナ演奏家のシオを入れます。

私の感想

こんにちは。satoです。

さて神官エルフシリーズのディーナ。

上で紹介した剣士ラフィーナとの組合せだけでなく、闇の天使シリーズなどと組んだ攻撃回復逆転でも使えます。

デッキ例についてはまたどこかのタイミングで作ります(*´ω`*)

襲来やぷよPで手に入るので、ゲットしておきたいカードです。

あとは麻痺盾がギルイベでたくさん付かなければ良いのですが…

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です