【魔法使いシリーズ】の評価と使いかた・ギルイベ必須カード

2014年「第2回ハロウィン祭り」のN特攻カードとして初登場。

ちなみにS特攻はチキータ、「第2回ハロウィン祭り」の報酬カードはおかしなレムレスでした。

2015年5月からストーリークエストで順番に☆6が解禁。

2016年2月から魔導石ガチャでも☆6が手に入るようになりました。

2017年3月のストーリークエスト再来で初登場。

今回はギルイベで素晴らしい活躍をする魔法使いシリーズのデッキ&カード考察をしていきます。

アルベルト

アルベルト

リチャード

リチャード

マシュー

マシュー

ミリアム

ミリアム

サリヴァン

サリヴァン

 

 

 


スキル(☆6)

盤面上にあるチャンスぷよを消して全体属性攻撃をします。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

攻撃力は自身の攻撃力×3倍です。たとえばチャンスぷよが2個ある場合は6倍の攻撃をします。すずらん+αシリーズ等のエンハンスは乗ります。

ただスキルを使いたい時に盤面上にチャンスぷよを作るのは難しいです。あったとしてもチャンスぷよを消してしまうのはもったいないと思います。

スキル上げをする必要はないので、魔法使いシリーズを2枚以上持っている場合はプラスカードとして他のカードと合成するか、聖夜の魔法使いシリーズのスキル上げに使った方が良いです。

 

リーダースキル(☆6)

ステージ開始時に、得意属性ボスのターン数を一定の確率で+3にします。

このリーダースキルがギルイベで生きてきます。

リーダー/サポートを魔法使いシリーズにした場合、一定の確率でボスのターン数を+6に出来ます。「一定の確率」とありますが、使った体感は80%ぐらいはありました。

 

タイプ・コンビネーション

攻撃タイプ

コンビネーションは全員ボーイズを持っています。

 

ステータス(☆6)

MAXで体力3920・攻撃1710・回復280(前後)

 

変身素材

  • ☆4→☆5:ぷよゼリー☆3、☆4×2、☆5
  • ☆5→☆6:専用素材が必要(ストーリークエストで手に入る)

 

デッキ例

ギルイベで使う場合を考えてデッキを組んでみました。

「リチャード・ヨキグリープルファスワタ・リチャード」

  1. 魔法使いは有利色のカードを選ぶ
  2. 魔法使いのリーダースキルが発動しなければ撤退
  3. ワタのスキル発動で他のカードスキルをためる
  4. ルファスのスキルで次のターンに多くぷよを消せるように変換
  5. グリープのがたまる前に攻撃してくる場合はヨキのスキルでかばう
  6. グリープのスキル発動

魔法使いシリーズがギルイベで使えるのはこのリーダースキルです。

リーダー/サポートに魔法使いを使えば、ボスのターンが+6になります。例えばボスのターンが2だった時には8に増えるという事です。

ターン数が6増えれば、ほとんどのスキルはたまると思います。体力は関係ないのでコンビネーションを考える必要はないです。

私の感想

こんにちは。最近運営さんの大盤振る舞いにおどろいてるsatoです。

今回は魔法使いシリーズの考察をしましたが、先日ガチャで登場した草木のオイルシリーズが上位互換カードです。ただ魔法使いシリーズでも充分です。

ギルイベの内容は大きく変わることは無いと思うので、魔法使いシリーズは当分必須カードになっていると思います。いのD時代にはガチャのはずれカードでしたが、今では持っていないと困るカードになりました。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です