【ガーディアンシリーズ】の評価と使いかた・万能なスイッチカード

ガーディアン記事

2013年9月「どうぶつラッシュ!」の特攻カードとして初登場。

まだ私が始める前のイベントです。

2013年11月以降は魔導石ガチャでは手に入らなくなりました。

2014年2月からはアーケード連動ガチャからのみとなり、アーケードに行けない人との不公平があるカードです。

2015年11月に似たスキルを持つ重装兵シリーズが出ましたが、使う場面によってはガーディアンのほうが優秀です。

今回はガーディアンシリーズのデッキ・カード考察をしていきます。

カシ

カシ

スフ

スフ

シム

シム

コル

コル

ヨキ

ヨキ

 

 

 


 

スキル(☆5)

3ターン、味方への攻撃を全てガーディアンが代わりに受けてくれます(かばう)。

スキル発動は自色ぷよ消し40個。

ガーディアンが受けるダメージは75%カットした分となります。

敵、味方の色は関係ありません。

ただ受けるダメージがガーディアンの体力を超えると、ガーディアンのみが落ちます。

また3ターン内であればステージをまたげるので、先制攻撃に対しても使えます。

 

リーダースキル(☆6)

体力が0になっても1回のみ「体力1」で踏みとどまります(タフネス)

タフネスは他にナックルズベストール重装兵西洋妖怪狩猟民さかなハロウィン重装兵シリーズなどが持っています。

 

タイプ・コンビネーション・ステータス

体力タイプ

全員☆3で「ガーディアン」、☆4以降は「ヘビー級」が追加されます。

コンビネーションはあまり使うことは無いと思います。

☆5マックスで体力4100前後・攻撃力880前後・回復力210前後

☆5カードとしてはとても高い体力です。

 

変身素材

  • ☆3→☆4:ぷよキャンディー☆3×2、☆4×2
  • ☆4→☆5:ぷよキャンディー☆3×2、☆4×2、☆5

 

デッキ例(ギルイベ)

ギルイベの全色盾あか色のボス用に組んでみました。

「シム・コスタver.ハロウィンウィンコスタナリモンゴ・控えにレムレス

  1. ナリのスキル発動で他のカードのスキルをためる
  2. コスタver.HWのスキルがたまるがまだ使わない
  3. シムのスキル発動でボスの攻撃をかばい、カシを落とす
  4. コスタver.HWが先頭になって控えからりんごが出てくる
  5. ウィン・コスタのスキルがたまったら発動
  6. コスタver.HWのスキルで次のターンに分離同時消しが出来るようにあかぷよを変換
  7. 分離同時消しで大ダメージ
  8. レムレスのスキルがたまるがまだ使わない
  9. 他のカードのスキルがたまったらレムレスを発動してエンハンスを乗せる

門スイッチです。

モンゴをサポートにしてるのは、タフネス&攻撃力1.8倍のリーダースキルを持っているからです。

ループがなかなか上手く続かないようであれば、モンゴの代わりにふふふを入れてチャンスぷよを作ります。

タフネスが2枚必要でなければ、モンゴではなくゲンブが良いです。

控えの残りは特攻を入れて攻撃力を上げます。

 

 

ガーディアンの感想

一番強いボスが全色盾だった頃は、門スイッチ以外は固定ダメージを与えるしか出来ませんでした。

またその頃は剣士ラフィーナはなく、固定ダメージは微々たるもの。

アーケードでしか手に入らず、行ける人と行けない人との不公平があったカードです。

2017年3月末にぷよクエアーケードが終了しますが、その後の入手方法が気になるカードです。

☆6に進化にしてストーリークエスト、または魔導石ガチャかなと予想しています。

今日もぷよクエ部に来て頂きありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です