【さかなシリーズ】の評価と使いかた・タスネス+チャンスぷよ

さかな記事

ぼうけんクエストでのドロップ、召喚Pでのガチャ、シルバーチケットで簡単に入手できます。

2014年7月に☆6になりました。

今回はさかなシリーズの評価と使いかたを説明していきます。

リーダースキル(☆6)

味方のカードが体力1になっても1回のみ体力1でふみとどります。

「タフネス」と言われてるリーダースキルです。

1回だけ即死級の攻撃を受けても落ちないという事です。

このリーダースキルはリーダーカード/サポートカードそれぞれで発動するため、両方「さかな」シリーズでそろえた場合、2回体力1でふみとどまる事ができます。

スキル(☆6)

画面上の自色ぷよを4個チャンスぷよに変換します。

チャンスぷよに変換される場所はランダムになります。

スキル発動は自色ぷよ40個消し。

さかな記事

タイプ・コンビネーション

バランスタイプ

全員「スイマー」を所持しています。

ステータス(☆6)

☆6マックスで体力3274(±45)/攻撃1550(±15)/回復874(±13)

バランスタイプとしてはやや回復が高めです。

変身素材

☆2→☆3:小ぷよ、大ぷよ×2

☆3→☆4:大ぷよ、岩ぷよ×3

☆4→☆5:岩ぷよ×2、星ぷよ×2、月ぷよ

☆5→☆6:ぷよアイス☆4×2、☆5×2、☆6

まとめ

一番手っとり早い召喚Pガチャで入手出来るので、始めたばかりでも比較的入手しやすいカードです。

2枚目を入手できた場合は売るのではなく、スキル上げにに使用しましょう。

タフネスは即死級の攻撃が来た場合には1回ふみとどまれますが、攻撃力・体力アップなどがないので普段のクエスト用にリーダーカードにすることはあまりないと思います。

ただ即死級の攻撃がとんでくるギルイベでは使えるかもしれません。

たとえば西洋妖怪シリーズをリーダーカード、2番目にさかなシリーズを置きます。

そうすると万が一「西洋妖怪」が落ちた場合に再度タフネスが有効になります。

またスキルはスキルカウントの速度をはやめ回復も同時に出来ます。

デッキの中にいれればじゅうぶん使えると思います。ただコンビネーションを組むのが難しいのが残念です。

今日もぷよクエ部に来ていただきありがとうございました(*´∀`*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です